日本語教師を目指すために

教育.com

日本語教師について

日本語教師という職業をご存知でしょうか。日本語教師は名前の通りに日本語を教える仕事で、国内の学校やスクールなどで、外国の方を相手に日本語をレクチャーします。近年では、外国の方も日本に関心を持っている方も多く、日本語教師の仕事に需要が高まっています。

新着情報

専門的に学ぼう

教材

日本語教師の仕事

日本語教師は、海外の方に日本語のノウハウを教える仕事で、近年、注目を浴びています。仕事内容としては、正しい日本語を海外の方に教えることが中心です。私達の身近にある『日本語』は普段使っていると感じませんが、実はとても難しいのです。そのため、海外の方も日本語を習得するのに苦戦する人も多いのです。日本語教師に求められるスキルは、正しい日本語の理解力とそれを海外の方にわかりやすく伝える指導力になります。また、様々な国から生徒が集まってくるので、高いコミュニケーション能力も求められるでしょう。

資格について

日本語教師になるには、教える指導力ときちんとした日本語の理解力が必要なだけで、特に資格は必要としていません。そのため、誰でも日本語教師を目指すことができます!しかし、学校やスクールで採用されようと思えば、学校側に認めてもらわなければいけません。全国各地にある日本語学校のほどんどが、教師の採用基準として「日本語教育能力検定試験に合格する』、または『日本語教師の養成講座を420時間以上受けて修了する』が掲げられているのです。そのため、本格的に日本語教師を目指すのなら、専門的に日本語教師養成学校で学んだ方がいいと言えます。

日本語教師養成学校

近年では、日本語教師を目指す人が学生から大人まで幅広い年代でいます。そんな日本語教師を目指している人におすすめしたいのが、日本語教師養成学校です。養成学校では、日本語教師に必要な知識やスキルを習得することができるのは、もちろんのこと、日本語教育能力検定に向けたカリキュラムで試験を合格に導きます。そして、何より、日本語教師養成学校で学べば、最短で約6ヶ月程度でプロの日本語教師として働くこともできます!日本語教師にいち早くなりたいと思っているなら、日本語教師養成学校に通うことを検討するといいでしょう。

日本語教育能力検定試験

日本語教育能力検定は、日本語教師を目指すなら取得するべきです。主に日本語教育能力検定の対象者は、日本語教師になりたい方やもう既に学校やスクールで働いている方になります。試験の受験資格には学歴や年齢で特に制限がないので、誰でも試験を受けることが可能です。この能力検定試験は国家資格や公的試験ではないため、難易度はそれほど高くありませんが、日本語教師としての基礎知識が要求されます。試験自体は年間に一度しか実施されないので、毎年、試験には数多くの方が受験しています。

日本語教師の将来

日本語教師になったとして、将来的に働き口があるのか心配している方もいるでしょう。確かに最近では、日本は経済情勢が衰えているので、以前よりは日本語を必要としている国も減っています。しかし、日本の文化には伝統的なものが多く、特に『アニメ』や『マンガ』は日本でも誇れる文化となっています。そのため、海外で日本に関心を持つ方が増えているのです。このことから、日本語を学ぼうとしている外国の方が多く、まだまだ日本語教師の仕事に需要があることがわかります。また、アジアの発展途上国では、現地でボランティア活動をしている方も多いため、日本語教育に力を入れたいという国もあります。ですので、海外で活躍したいと思っている方には、日本語教師を目指す価値があるでしょう。

短期留学を利用して英語を勉強しよう
マンツーマンレッスンが受けられる♪スピードラーニングの効果を徹底解説!
英語教材を探しているなら必見!無料体験OKな英会話スクールを厳選特集♪
空いた時間に英語を勉強しよう<PR>
日本語教師になれるスクールまとめ。
給与面も安定♪東京で人気の高い英会話スクール!
最寄りの学校をラクラク検索☆

日本語教師に関する記事

勉強

養成学校で学ぼう

日本語教師を目指すなら、養成学校で日本語教師としてのノウハウを学ぶといいでしょう。その他にも養成学校で学ぶことで様々なメリットがあります。例えば、プロの講師が実践的に授業を行ってくれるので、指導力を身につけることができるのです。

READ MORE
広告募集中